根管治療|戸田市新曽で歯科・歯医者をお探しの方はサルースデンタルオフィスまで

〒335-0021
埼玉県戸田市新曽2235 ライフコート2F

tel:048-242-5661

診療時間日・祝
10:00~13:30
15:00~19:00

木曜午前 特診日(完全予約制)
土曜午前 9:30~13:30 午後 15:00~17:00
休診日:木曜午後・日曜・祝日

根管治療

根管治療とは

戸田市新曽・サルースデンタルオフィス

歯の内側には、歯の根の先まで神経と血管が通っている「歯髄」があります。
むし歯が悪化すると、歯髄までがむし歯菌に感染して炎症を起こしてしまいます(歯髄炎)。歯髄炎になると歯だけでなく、時には顔にまで激痛が起こります。
このむし歯菌に感染した歯髄を取り除いて衛生的な状態を取り戻すのが「根管治療」です。

根管治療を行っても、残念ながら歯の内側にむし歯菌が残っていたり入り込んで再発することがあります。
再発すると、歯の根の先にまで炎症が起こる「根尖性歯周炎」が引き起こされます。症状は違和感だけで済む場合もあれば、歯ぐきが腫れあがることもあります。もう一度根管治療をやり直すまで、この症状は続きます。
複雑で非常に細かい歯の根管を扱うため、精密な根管治療は非常に難しく、再発も珍しくありません。

当院での根管治療の特徴

難しい症例の場合でも、当院では「ラバーダム」や「マイクロスコープ」を使い、確実な治療を行います。

戸田市新曽・サルースデンタルオフィス

ラバーダムの使用によるむし歯菌の感染予防

お口の中の唾液には、たった1ml中に約1億個以上もの細菌が存在しています。根管治療を行う度に少しでも唾液が根管の中に入ったら、さらなる感染を引き起こしてしまい治療は成功しません。特に奥歯にいくほど治療中に唾液が入ってしまうリスクは高くなります。
そこでラバー(ゴム)でダムを作る、ラバーダム防湿法を行ってから根管治療を始めます。患歯をラバーシートの上に孤立させて消毒してから治療を行うことで、唾液が誤って根管に入ってしまうことを防ぐことができます。お口の上をシートが覆う形になりますが、特に苦しくなることはありません。

マイクロスコープの使用による精密根管治療

戸田市新曽・サルースデンタルオフィス

見えないところが見えるようになれば、より確実な治療が行えることは間違いありません。
マイクロスコープによる拡大視野において、かつ充分な拡大下で使用して初めて効果を発揮する専用の器具類を用いることで、複雑で難易度の高い根管の治療にも対応いたします。

  • 戸田市新曽・サルースデンタルオフィス

    肉眼レベルで見た根管の入口

  • 戸田市新曽・サルースデンタルオフィス戸田市新曽・サルースデンタルオフィス
  • 戸田市新曽・サルースデンタルオフィス

    マイクロスコープにて約14倍に拡大した根管の入口

関連記事