審美歯科|戸田市新曽で歯科・歯医者をお探しの方はサルースデンタルオフィスまで

〒335-0021
埼玉県戸田市新曽2235 ライフコート2F

tel:048-242-5661

診療時間日・祝
10:00~13:30
15:00~19:00

木曜午前 特診日(完全予約制)
土曜午前 9:30~13:30 午後 15:00~17:00
休診日:木曜午後・日曜・祝日

審美歯科

審美歯科とは

戸田市新曽・サルースデンタルオフィス

審美歯科と聞くと、白い歯にするというイメージが浮かぶかもしれません。
ただ白くなればいいのではなく、当院が目指す審美歯科とは以下の要件を満たすものです。

見た目が「美しく」、かつ周囲の歯ぐきなどと調和のとれた「健康な」口元を作ること

食べる、話すといった本来の機能を充分に果たすこと

生体にとって安全な、生体親和性の良い素材を使用すること

この3つの要件のどれか一つが欠けても真の審美歯科は成り立たないと考えています。
そしてこの3つの要件を満足させるには多くの知識と技術、努力が必要になります。

セラミックスの特徴

戸田市新曽・サルースデンタルオフィス

セラミックスの特徴は天然の歯のような透明感と白さです。
保険診療では白い詰め物としてレジン(プラスチック)をよく使いますが、レジンは吸水して経過とともに変色してしまうのに対し、セラミックスは時間が経ってもこの色合いは変わりません。
また、レジンには汚れが付きやすいというデメリットがあります。
セラミックスは美しいだけでなく、抗菌作用もあります。さらに表面がツルツルなので歯垢がつきにくく、むし歯の再発予防にも繋がります。
レジンは使ううちに欠けることがあります。セラミックスはレジンと比べると硬く丈夫で、欠けにくいという特性があります。
今入っている銀歯を、自然で美しく丈夫なセラミックスに変えることも可能です。ご希望の方はお気軽にご相談ください。

  • 戸田市新曽・サルースデンタルオフィス
  • 戸田市新曽・サルースデンタルオフィス

※ガムピーリング(歯ぐきのホワイトニング)の施術も行っています

当院の審美歯科の特徴

セラミックス治療の経験豊富な院長による確かな治療

当院の歯科医師は大学院の研究テーマがセラミックスであり(学位論文:Effect of Polymorphism of SiO2 Addition on Mechanical Properties of Feldspathic Porcelains: Dental Materials Journal 2008; 27(3): 347-355)、研究を通じてセラミックスの物性や特徴などの専門知識を深めました。 大学院修了後はその知識を生かし、さらに審美歯科治療のエッセンスを学び、臨床において数多くのセラミックス治療の技術の研鑽を積んでまいりました。歯科衛生士や歯科技工士と密に連携し、確かな治療を行っていきます。

戸田市新曽・サルースデンタルオフィス

経験豊富な技工士

当院では詰め物・被せ物などの補綴物を、経験豊富で確かな技術力と持つ技工士が製作しております。精度の高い補綴物をお作りするために、一人の技工士が最初から最後まですべての工程を担当いたします。
まわりの歯や歯ぐきとの色合わせにも配慮し、患部の写真も送って自然に見える補綴物をお作りいたします。

歯科用セラミックスとは

天然歯に最も近い素材、それがセラミックスです。セラミックスで歯を修復する利点として以下が挙げられます。

1.見た目が美しい

お口の中は常に湿潤しています。セラミックスは、その構成原子同士が固く結合しているため、その隙間を水の分子が通ることができません。すなわち、長期間お口の中にあっても、セラミックスはほとんど変色することがなく、美しい状態を保つことができます。
他の白い素材として歯科用プラスチックがありますが、こちらは経年的な変色が起こってしまうため、長く使っているとセラミックスのほうが美しいままでいることをご実感できます。

2.強度があり、歯垢がつきにくいため長持ちする

セラミックスは硬くて強度があるという長所がある反面、脆いところがあるという短所があります。しかし歯科用セラミックスは大きな咬合力にも耐えうるよう改良されているため、長持ちします。
また、セラミックスの表面は滑沢で歯垢がつきにくいため、またそこからむし歯が再発してしまう(二次カリエス)リスクを減らすことができるため、長持ちします。

3.生体親和性に優れている

セラミックスは化学的に非常に安定しています。そのため、歯の修復に使われる金属のように腐食したり金属アレルギーの原因となることもなく、安全な素材と言えます。

歯科用セラミックスの種類と特徴

歯科用セラミックスは

  • ガラスセラミックス
  • 強化型ガラスセラミックス
  • ジルコニア

の3種類に分けられます。
これらの3種類は物性が違います。
単独で使用したり幾つかを組み合わせて使用することで、審美性を重視した修復物や耐久性を重視した修復物など、様々な状況に適した修復物を作製することができます。

セラミックスは歯の一部に詰めるもの(インレー)と歯全体に被せるもの(クラウン)に使われます。

セラミックインレー

インレーはむし歯によって失われた歯質の部分に詰めて修復するものです。
残存している健全歯質の色と透明感に調和させる必要があること、及び噛む力に耐える咬合力が必要であるため、審美性と強度を兼ね備えた強化型ガラスセラミックス(二ケイ酸リチウムガラス)を主に使用します。

  • 戸田市新曽・サルースデンタルオフィス
  • 戸田市新曽・サルースデンタルオフィス
  • 戸田市新曽・サルースデンタルオフィス

セラミッククラウン

歯の全体に被せるクラウンの場合は、
① 前歯、奥歯などの歯種
② 噛み合わせの力(咬合力)
③ 上下の歯が噛み込む程度
④ 歯ぎしりや食いしばり(ブラキシズム)の有無

などの条件の違いによって使用するセラミックスを変えることが望ましいです。
セラミックスクラウンの種類には以下のものがあります。

強化型ガラスセラミックス(二ケイ酸リチウムガラス)クラウン

審美性と強度を兼ね備えた単層構造のクラウンです。
天然歯の色調や透明感の再現はガラス系セラミックスに、強度はジルコニアに多少劣るものの、単独でも優れた性質を持っているため世界で広く用いられています。また、他のセラミックスと比較してややリーズナブルです。

  • 戸田市新曽・サルースデンタルオフィス
  • 戸田市新曽・サルースデンタルオフィス
  • 戸田市新曽・サルースデンタルオフィス
フルジルコニアクラウン

ホワイトメタルとも言われるジルコニアを成分とした単層構造のクラウンです。
強度が非常に高いため、咬合力が強い人やブラキシズムによる異常な負荷がかかる恐れのある方にも使用できます。
強度が高いジルコニアほど透明感が小さく、ガラスセラミックスに比べて審美性は劣りますが、一本の歯だけでなく、多数歯にわたるブリッジにも使用できます。

  • 戸田市新曽・サルースデンタルオフィス
  • 戸田市新曽・サルースデンタルオフィス
  • 戸田市新曽・サルースデンタルオフィス
メタルセラミックス(PFM)クラウン

前歯など、特に審美性が要求される修復にはガラスセラミックスの使用が望ましいですが、これは単独で使用すると強度不足でかけてしまうリスクがあります。そのため、強度の高いメタルでフレームを作り、その上にガラスセラミックスを焼き付けて製作する二層構造のクラウンがPFMクラウンです。
これはセラミッククラウンの中でも最も歴史が長く、現在でもよく使用されています。
欠点を挙げるとすれば、メタルを使用するために金属アレルギーがある方には適応とならないことがあります。
また、審美性の高い修復ができますが、下地にメタルを使用するため、光の透過性は天然歯に比べてやや劣るほか、歯肉が薄い方は歯肉が若干黒っぽく見える「メタルシャドウ」が起きてしまうことがあります。

  • 戸田市新曽・サルースデンタルオフィス
ジルコニアオールセラミックスクラウン

強度の高いジルコニアでフレームを作り、その上にガラスセラミックスを築成して製作する二層構造のクラウンです。
メタルを全く使用しないため前述のメタルセラミックスの欠点が解消されており、全てのクラウンの中で最も優れた審美性と強度を持っています。
現在はメタルフリーの修復が好まれているため、メタルセラミックスよりもこちらを選択される方が多くなっています。

  • 戸田市新曽・サルースデンタルオフィス
  • 戸田市新曽・サルースデンタルオフィス
  • 戸田市新曽・サルースデンタルオフィス
  • 戸田市新曽・サルースデンタルオフィス

ラミネートベニア

ラミネートベニアは薄いセラミックスを歯の表面に接着させるもので、前歯に行うセラミックス修復の一つの方法です。
適応は以下のものがあります。
①元々の天然歯が小さく、隣の歯との間に隙間があるのを治したい場合
②小さな範囲で歯並びを改善したい場合
③曲がってはえている歯の形のバランスを整えたい場合

適応は限られていますが、見た目の改善にかなり効果がある修復方法です。

  • 戸田市新曽・サルースデンタルオフィス
  • 戸田市新曽・サルースデンタルオフィス
  • 戸田市新曽・サルースデンタルオフィス
  • 戸田市新曽・サルースデンタルオフィス
  • 戸田市新曽・サルースデンタルオフィス

さらに、
1.セラミックス修復を行う歯の形成(形を整えること)と印象(型を取ること)
2.ご自身の天然歯の色調や透明感を再現するための写真撮影
3.優れた技工士による修復物の製作
4.できあがった修復物を歯にセットする際の接着操作

この一連の過程がしっかりできていないと、セラミックスの良さを発揮することができません。
当院ではこの一連の過程それぞれにお時間をいただき、各過程を丁寧に精密に行っております。

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングはセラミックスの成分が入った強化プラスチックを歯の表面に張り付ける治療方法です。
強化プラスチックを成型して光を照射して固めますので即日のご対応が可能です。
噛み合わせが悪かったり、噛み方に癖がある場合など適応できないケースもございますので、事前にしっかりと診査を行わせていただきます。

  • 戸田市新曽・サルースデンタルオフィス
  • 戸田市新曽・サルースデンタルオフィス